2009年1月6日

神戸製鋼、伸銅 最大70%減産

 神戸製鋼所アルミ・銅カンパニーは本年1―3月期の伸銅品生産について、当初計画より最大で70%減少するとの見通しを明らかにした。

 世界的な景気の悪化で国内外の自動車需要が急激に落ち込んだ影響を受けた。生産の大幅削減を受け、協力会社などの人員削減も当初の計画を前倒しして行う。

おすすめ記事(一部広告含む)