2009年1月14日

三菱グループ、生産調整を強化

 三菱マテリアル、三菱伸銅などの三菱グループは生産調整を強化する。三菱マテリアルは13日、2月から電気銅地金を10%減産すると発表した。

 主な地金の販売先である三菱伸銅の若松製作所(福島県)の生産量が能力比で約60%減少するなど、世界景気の悪化を受け国内外で銅需要が落ち込んでいるため。三菱伸銅は追加減産対応も実施した。三菱の減産により銅製錬大手3社だけで2008年度下期の地金生産(国内のみ)は約5%減産となる。

おすすめ記事(一部広告含む)