2009年1月15日

軽圧品需要、自動車向け調整加速

 自動車向け軽圧品需要は、一段と調整色が加速している。日本アルミニウム協会がまとめた2008年11月のアルミ圧延品出荷によると、板・押出合計では前年同月比26・4%減を記録。前月に比べ、大幅に下げ幅が拡大した。自動車需要回復の先行きが見通せないことから、軽圧品に関しても、先行き不透明感は強まりそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)