2020年12月15日

東京地区、薄板市況3000円続伸 入荷遅れ 解消のめど立たず

 東京地区の薄板市況が続伸した。前月に比べ、全品種でトン当たり3000円方上昇。10月以降、鉄鋼メーカーからの入荷遅れが続いており、現在も解消のめどが立っておらず、品薄感に拍車がかかっている。特に表面処理鋼板は一部高炉メーカーの生産が停滞し、品種によっては「直近の申し込みが全量スキップされた」(大手流通筋)ケースもあるなど、供給余力が急速に低下。高耐食めっき鋼板などの代替が難しい製品については需要家への供給がひっ迫することも懸念され、扱い筋は対応に苦慮している。

おすすめ記事(一部広告含む)