2009年7月2日

古河電工、世界最薄ヒートパイプ 販売開始

 古河電気工業は1日、世界最薄0・8ミリメートルのヒートパイプを使ったヒートシンク(放熱部品)の販売を始めたと発表した。ソニーの小型ノートパソコン「VAIO タイプP」に採用された。優れた放熱性能により、薄型・小型の情報家電機器の冷却設計を容易にする。

 今後の市場の伸びを見据え、厚さ1ミリメートル以下の超薄型ヒートパイプの製造能力を、2009年末までに現行比2倍の月100万本に拡大する。

おすすめ記事(一部広告含む)