2009年7月10日

古河スカイ、中国2社に資本参加

 古河スカイは9日、中国のアルミニウム圧延・広東東陽光アルミ業(本社=広東省韶関市乳源県、資本金8億2700万元〈約124億円〉、郭京平董事長、従業員約5000人)傘下のアルミ圧延の乳源東陽光精箔と韶関市陽之光アルミ箔に対し、三井物産とともに最大で45%(日本側合計)の持ち分で資本参加を検討する旨の意向書に7日調印したと発表した。

 古河スカイは対象2社への経営参画と技術提供を通じ、成長著しいアルミ圧延品需要に積極的に対応するとともに、同地で日系ユーザーをはじめとする顧客への拡販と新規開拓を進める。

おすすめ記事(一部広告含む)