2010年6月4日

アルミ二次合金販価、環境悪化で反落気配

 年初以降、騰勢一辺倒にあったアルミ二次合金市況が、曲がり角に差し掛かってきた。5月は下落こそ免れたが、外部環境の急変から、現状では「6月での反落は避けられない」(関係筋)と見方が強く、割高な手持ち原料を抱え、製品価格への転嫁が遅れている二次合金各社にとって、先行き厳しい交渉を余儀なくされそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)