2020年4月22日

原油、史上初のマイナス価格

ウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)原油が暴落し、史上初めてマイナス価格を付けた。深刻な供給過剰な中、期近限月の最終取引日が近づくといった特殊要因が背景にあったもよう。一方で、非鉄金属は原油よりも保管しやすいだけでなく、新型コロナウイルスの影響で主要鉱山からの供給が減少している。現状では、マイナス価格になる可能性は極めて低いといえそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)