2010年6月18日

日鉱金属、米から原料集荷 廃基板など 体制強化

 日鉱金属はこのほど、米国西海岸から廃電子基板などリサイクル原料の集荷を開始した。国内の原料集荷競争が厳しくなっているため、アジア地域も含めた海外産リサイクル原料の集荷体制を強化する。

 集荷した原料は銅製錬拠点の佐賀関製錬所(大分県)やリサイクル専用のHMC工場(茨城県)に投入し、貴金属やレアメタルを回収する。

おすすめ記事(一部広告含む)