2010年6月24日

ITO販価、原料スライド制に移行

 液晶パネルの透明電極に使うITO(インジウム・錫酸化物)ターゲットが原料価格スライド制に移行しつつある。日鉱金属や三井金属などのスパッタリングターゲット大手は、需要家の液晶パネルメーカーに対して原料インジウムに連動した販売価格の導入を要請。

 2010年度の価格交渉では4―6月期と7―9月期の2四半期連続で原料価格の上昇分が製品販価に反映されており、原料スライド制が定着してきたといえる。

おすすめ記事(一部広告含む)