2011年2月21日

ビスキャス、11年度 20%超増収益めざす

 古河電気工業とフジクラが折半出資する高圧電力ケーブル製造会社、ビスキャス(本社=東京都品川区、田邊輝義社長)は、2011年度(12年3月期)に前期比20%以上の増収増益をめざす。10年度通期の売上高は610億円前後、当期純利益は10億円前後の見込み。海外受注競争の激化で事業採算が総体的に下がっているが、コスト低減でカバーしている。英ロンドンに駐在員事務所を開設するなど、新規市場での受注取り込みにも手を打つ。

おすすめ記事(一部広告含む)