2012年9月14日

LME倉庫、錫キャンセルワラント急増

 ロンドン金属取引所(LME)の指定倉庫で、「キャンセルワラント」と呼ばれる出荷待ちの状態にある錫の在庫が、全体の6割に達している。これは1997年以来15年ぶりの高水準という。一般的にはキャンセルワラントは実需につながっているはずだが、今回の増加について市場関係者は「全てが実需というわけではない」と指摘する。

おすすめ記事(一部広告含む)