2012年12月26日

11月の伸銅品生産、条製品不振 6・3万トン

 日本伸銅協会が25日発表した11月の伸銅品生産速報によると、総生産量は前年同月比5・2%減の6万2560トンで、11月の生産量としては1977年以来35年ぶりの低水準に落ち込んだ。

 半導体や自動車向け需要の減速を受け、条製品全般が大幅に減少。銅条は直近で最も多かった6月から2割も減った。黄銅棒も需要低迷が続くが、直近の目安である1万5000トン水準は維持した。
おすすめ記事(一部広告含む)