2013年1月11日

レアメタル国際相場、いったん底打ち気配

 レアメタルの国際相場は2013年に入り、いったん底打ちする気配が出てきている。1カ月前との比較でコバルトが小反発したほか、ガリウム、セレン、アンチモン、タングステン、ビスマスなどは12月の水準で下げ止まっている。軟化したインジウムも足元は反発含み。ただ実需の動きは依然として鈍いままで、続落基調が続く希土類(レアアース)のように先安観は根強く残る。

おすすめ記事(一部広告含む)