2013年4月4日

チタンスクラップ、輸入増で需給軟化懸念

チタンスクラップの輸入量が増加している。財務省の貿易統計によると、2月輸入は前月比32・7%増の223トンで、1年2カ月ぶりの高水準。韓国・台湾から工程・試作スクラップが入っているとみられるが、国内のスクラップ市況は弱含んでいるため、需給がさらに軟化する懸念がある。
おすすめ記事(一部広告含む)