2013年5月9日

清峰金属、低導電コルソン発売

リン青銅、洋白メーカーの清峰金属工業(本社=茨城県土浦市、清峰茂樹社長)はこのほど、導電率を低くすることで溶接特性を高めたコルソン合金「KA352」の販売を開始した。硬化処理を施しているため、需要家は部品加工後の熱処理が不要で、生産効率の向上にも寄与する。高いバネ特性や疲労強度を生かし、電気信号を制御するリレーの材料として拡販を図る。

おすすめ記事(一部広告含む)