2013年8月1日

三菱アルミ、インドに現法設立 車向け熱交用アルミ多穴管

三菱アルミニウムは31日、インドに自動車熱交換器用アルミ多穴管の製造販売を手掛ける現地法人を設立すると発表した。投資額は約17億円。これまではタイで生産してインドに輸出していた。インドの自動車販売台数は過去5年間に急増しており、2020年には中国、米国に続く世界3位に浮上する見通し。三菱アルミも現地で自社生産することで収益向上につなげる。2015年春ごろに稼働を開始し、19年度に約20億円の売り上げを目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)