2014年1月17日

溶融亜鉛めっき業界 アルミ添加、開発拡大

溶融亜鉛めっき業界でアルミ添加の高耐食めっきの開発、普及を目指す動きが広がっている。今後増加が見込まれる公共工事向けが狙いだが、量産には専用槽の先行投資が必要なことや、技術開発ではめっきの密着性が課題。鉛レスめっきの普及も進み、従来の加工コストが中心だった競争は、製品の付加価値志向へと少しずつ向かっている。

おすすめ記事(一部広告含む)