2014年2月19日

被覆銅管15%値上げ 来月から

国内配管器材メーカーは今春、空調用被覆銅管を15%値上げする。主に銅と被覆材の価格上昇分の転嫁が目的だが、市中では現在品薄状態でメーカーの売り腰も強まっており、値上げの機運は高まっている。難燃タイプへの切り替えが行われた昨年中の積み残し分も合わせて、早ければ3月からの浸透を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)