2014年7月24日

住軽日軽エンジ、今期2期ぶり減収減益

公共工事などで使われるアルミの建築土木製品の設計・販売・施工を手掛ける住軽日軽エンジニアリング(本社=東京都江東区、佐久間勇三社長)は23日、今期(2015年3月期)の経常利益が前期比22・4%減の8億4000万円になる見通しだと発表した 売上高は0・4%減の137億円。営業利益は22%減の8億4000万円、純利益は21・7%減の5億1000万円になるとした。減収減益は2期ぶり。

おすすめ記事(一部広告含む)