2014年8月25日

日軽金HD、中国 車部品ライン増設

日本軽金属ホールディングスの石山喬社長は産業新聞の取材に対し、中国での自動車需要の伸びに対応するため、グループ会社の日軽金アクトが深センと上海に設立した自動車部品加工拠点のラインを増設し、サンルーフレールやバンパーレインフォースの生産能力を拡大していく考えを明らかにした。また今後、需要がさらに増えた場合は、2012年に龍口市(山東省)に設立した拠点にもラインを新設したいと話した。龍口の拠点では現在、日本フルハーフの現地拠点向けに、トラック部品向けのアルミ押出品など製造しているが、手掛ける製品の種類を増やすことで、華北地域での自動車需要の拡大に対応する。

おすすめ記事(一部広告含む)