2014年9月8日

PTニューモント、インドネシア政府と覚書 銅精鉱の輸出再開へ

インドネシアでバツ・ヒジャウ銅・金鉱山を運営するPTニューモント・ヌサ・テンガラ(PTNNT)は4日、インドネシア政府と覚書を結んだと発表した。これを受けて、9月中に銅精鉱の輸出許可を受けられる見通しとなった。許可が下り次第、バツ・ヒジャウ鉱山を通常操業に戻す予定。

おすすめ記事(一部広告含む)