2016年4月14日

JX金属、伸銅品販売8%増計画

 JX金属は今期(2017年3月期)の伸銅品販売量を前期より8%多い月平均3600トンと計画する。リン青銅、チタン銅、コルソン系銅合金、圧延銅箔など各品種で増量を狙う。ただ、同社が得意とするこれらの高機能素材は薄型化が進み、受注が増えても重量ベースでは増えにくくなっている。高機能合金や薄物に軸足を置いた付加価値戦略を今期も推進し、数量だけでなく中身を重視していく方針を掲げる。
おすすめ記事(一部広告含む)