2016年4月14日

銅建値2万円上げ57万円  亜鉛は1.8万円上げ25.6万円

 JX金属は14日、4月積み銅建値をトン2万円引き上げ57万円に改定したと発表した。足元は米中の株価や原油先物価格が上昇に転じていることを手掛かりに海外銅相場が反発し、為替相場も円高ドル安進行が一服したことを反映。月内推定平均も57万円になった。

 三井金属は14日、4月積み亜鉛建値をトン1万8000円引き上げ25万6000円に改定したと発表した。月内推定平均は25万2000円。指標となった現地13日のLME亜鉛現物セツルメントは前日比53ドル高の1848ドルと月内高値を更新し、前回建値改定時からは104ドル上昇。為替も円安方向に振れたことで、建値は大幅な引き上げ改定となった。

おすすめ記事(一部広告含む)