2016年6月16日

LMEアルミ1600ドル台回復 在庫減りタイト感増す

 ロンドン金属取引所(LME)のアルミ相場は14日、セツルメント(前場売値)が1カ月半ぶりの高値水準となるトン1600ドル台を回復した。順ザヤが縮小するなど、足元でタイト感は強まっている。LME在庫の減少という分かりやすい材料もあって、アルミは買われやすい。

おすすめ記事(一部広告含む)