2016年10月24日

中国・広東隆達アルミ 溶湯の供給能力倍増

 日本金属が25%出資し、二次合金を製造販売する保定隆達鋁業傘下の広東隆達鋁業(本社=清遠市、葉艶平総経理)は、年内に本社工場のアルミ溶湯ラインを増設し、供給能力を倍増させる。国内自動車生産の増加を背景に溶湯の需要が高まっているほか、来年、本社周辺にユーザーが進出するため先行投資する。
おすすめ記事(一部広告含む)