2016年12月13日

昭和電工、17年営業益370億円目標

 昭和電工は13日、2017年12月期(17年)に連結営業利益で16年(見込み)比約3%増の370億円を目指すと発表した。売上高は5%増の7000億円、純利益は58%増の190億円を想定する。一部製品の販売増やコストダウンが寄与する。一方、16年の利益予想は上昇修正した。アジアでの需要が堅調なエチレンなどで製品と原料の価格差(スプレッド)が想定より拡大。ハードディスク(HD)もパソコン向けを中心に出荷が増えた。営業利益は従来予想していた15年比11%減の300億円から360億円となり、一転して増益を確保する見込み。

おすすめ記事(一部広告含む)