2016年12月14日

東京特殊電線 黒字定着、成長戦略に舵

 東京特殊電線の鈴木義博社長は13日、産業新聞などとのインタビューに応じ、次期中計のターゲットとなる2020年度に向け、直近の売上高160億円レベルから200億円へと拡大させるとともに、営業利益10%を維持し、高収益体質を保ちながら成長を図っていく考えを強調した。足元の成長をけん引する自動車用シートヒーター線は、約3億円を投じて月産1万3000キロメートルから、年明けに2万キロメートル体制まで増強。同社では、今後も投資を積極化、成長戦略を推進する。

おすすめ記事(一部広告含む)