2017年2月6日

比ニッケル鉱山閉鎖、日本勢、鉱石調達に影響なし

 フィリピンの環境天然資源省が2日、国内のニッケル鉱山の半数以上に閉鎖を命じたが、大平洋金属、住友金属鉱山の原料調達への影響は、数量面に限ると目先なさそうだ。両社とつながりの深いタガニート鉱山やリオツバ鉱山が環境監査をクリアしており、操業停止の対象になっていない。ただ、鉱石需給が今後もしタイト化すれば、原料コストの上昇に見舞われる可能性はある。

おすすめ記事(一部広告含む)