2017年3月1日

廃バッテリー、輸出単価が最高値水準

 財務省が発表した貿易統計速報によると、1月の韓国向け廃バッテリー(使用済み自動車用鉛蓄電池)の輸出平均単価はキロ107・3円と、前月よりキロ5円上昇。海外鉛相場上昇と為替の円安が背景にあり、約2年ぶりの最高値水準に達した。輸出量は前月比0・8%減の8542トンで、2カ月連続の8000トン台だった。

おすすめ記事(一部広告含む)