2017年3月30日

銅スクラップ、価格条件が悪化

 伸銅、製錬メーカーが原料問屋と結ぶ2017年4―6月期の長期購入契約(長契)交渉は、1―3月期から価格条件が悪化しそうだ。数量はおおむね据え置きになる見込み。メーカー各社の生産量は堅調だが、原料需給にはいまだ余剰感が残る。

おすすめ記事(一部広告含む)