2020年2月7日

銅スクラップ 中国向け輸出が停滞

 中国向けの銅スクラップ輸出が停滞している。新型コロナウイルス肺炎の感染拡大が深刻化する中、中国では地域により工場の稼働や港湾部での荷揚げ作業が止まっており、このために中国向けの船舶が予定通り日本に来られなくなる事例も見られ始めた。直近の銅相場急落もあり、国内の込み黄銅相場は1月半ばにかけての高値時と比べてキロ20―30円余り切り下がっている。

おすすめ記事(一部広告含む)