2017年7月3日

廃バッテリー 韓国向け輸出、再び1万トン超

 財務省がこのほど発表した5月の貿易統計速報によると、廃バッテリー(使用済み自動車用鉛蓄電池)の韓国向け輸出量は前月比10・1%増の1万403トンと再び1万トンを上回り、3月に次いで過去2番目の高水準だった。輸出平均単価はキロ1・6円ダウンの106・9円だったが、足元は反発して上値を追っているもよう。

おすすめ記事(一部広告含む)