2017年7月5日

青銅合金、再び価格転嫁難

 関西地区の青銅合金メーカーにおいて、販売価格への原料コスト転嫁が再び難しくなっている。銅建値が連続で上方改定され、3日付で3カ月半ぶりにトン71万円を付けたものの、青銅合金の売れ行きが減速して振るわず、「今月は一番逆風が厳しくなるだろう」(メーカー幹部)と言われている。

おすすめ記事(一部広告含む)