2017年7月21日

三井金属 高周波基板用電解銅箔、台湾で増産投資

 三井金属は20日、高周波基板用の電解銅箔「VSP」(商品名)の生産能力を、現在の月175トンから約6割引き上げ月275トンにすると発表した。主力の台湾工場に数億円を投じ、電解設備の新設と表面処理設備の一部改造を行う。2018年4月から順次稼働予定。通信インフラ機器の高周波基板向けを中心に、昨年から販売量が大きく増えている。

おすすめ記事(一部広告含む)