• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2017年11月2日

神鋼製品の安全性確認 銅管・モールドなど進展

神鋼製品の安全性確認 銅管・モールドなど進展

神戸製鋼所のデータ不正問題に関し、不適合製品の出荷先525社のうち安全性確認が取れたところが6社増え443社となった。その内訳を見ても顧客自身が安全性確認を終了した件数が増えており、安全性検証は着実に進捗していることがうかがえる。一方で、アルミ押出品や銅板はまだ過半で安全性が確認されておらず、課題もはっきり見える。

安全性検証は「顧客で確認済み」「顧客で当面の問題はないと判断」「神戸製鋼で安全確度が高いと判断」の3段階で、それぞれA、B、Cに分類。先月26日の前回発表時と比べるとB、Cが減ってAが23社増の252社となり、顧客の最終確認が進んでいることを表している。

最も進捗が見られたのはコベルコマテリアル銅管と神鋼メタルプロダクツ。銅管は新たに4件で安全性確認が取れ、対象の全23社がAかBに入った。銅合金管と電炉用モールドを手掛ける神鋼メタルプロダクツはAが16社増えた。

自動車や鉄道車両に使われるアルミ押出品は対象34社のうち、安全性確認がとれたのはまだ15社。銅板に至っては38社のうち4社にとどまる。川崎博也会長兼社長は前回発表時に「サプライチェーンが複雑なこと」がこれらの調査遅れの要因と説明しており、全社で確認を終えるまでにはまだ時間を要する可能性がある。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

記事内容・配達に関するお問い合わせは各拠点に

検索

日付
採用募集
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2018/09/19
H2新断プレス
35800円 (300)40800円 (300)
315.98ドル (1.35)360.11ドル (1.16)

 換算レート (TTS) 113.3円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2018/09/19調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
7200068000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
8600086000
鉄スクラップ
H22700023000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 705 700 703 698
電気亜鉛 303 297 303 297
電気鉛 285 282 285 282
アルミ二次地金 99% 212 207 212 207

非鉄金属市場価格へ