2018年3月29日

三菱マテリアル 特別調査委が最終報告書

 三菱マテリアルは28日、連結子会社5社で発覚した品質データ不正問題に関する特別調査委員会の最終報告書を発表した。報告書が出ていなかった三菱アルミニウム、立花金属工業、ダイヤメットの問題点や再発防止策がまとまり、特別調査委の調査が終了。再発防止策として、契約違反に対する危機感の醸成や工程能力に見合った受注と工程能力の向上などを挙げた。

おすすめ記事(一部広告含む)