2018年6月8日

銅建値、緊急改定3万円上げ84万円 鉛、1万円上げ33.9万円

JX金属は7日、6月積み銅建値をトン3万円引き上げ84万円に改定したと発表した。チリのエスコンディダ銅鉱山での労使交渉難航への懸念から海外銅相場が急騰し、前回に続き中1日での緊急改定。月初からの1週間弱で6万円の上昇となり、昨年末から年初にかけた直近高値84万円に迫った。月内推定平均は83万1000円。

三菱マテリアルは7日、6月積み鉛建値をトン1万円引き上げ3カ月半ぶり高値となる33万9000円に改定したと発表した。月内推定平均は33万7000円。指標となった現地6日のLME鉛現物セツルメントは2510・5ドルで、月初の前回建値改定時より65ドル上昇。7日の東京為替TTSは1ドル=111・16円と月初より1・22円円安ドル高だった。

おすすめ記事(一部広告含む)