2018年6月22日

住友商事、ペルーのヤナコチャ金・銅鉱山 5%権益取得

 住友商事は21日、ペルーのヤナコチャ金・銅鉱山に事業参画すると発表した。現地運営会社ミネラ・ヤナコチャの持ち分5%を4800万ドル(約53億円)で取得した。出資構成は米産金大手ニューモント・マイニング51・35%、ペルーの鉱業大手ブエナベンチュラ43・65%、住商5%となる。同鉱山は1993年から操業を続ける南米最大級の金鉱山で、金・銅の追加生産計画も検討中。

おすすめ記事(一部広告含む)