2018年10月1日

産総研と清水建設 水素エネ利用で連携研究室設立

 産業技術総合研究所と清水建設は28日、10月1日に「清水建設―産総研ゼロエミッション・水素タウン連携研究室」を設立すると発表した。産総研の水素吸蔵合金を核とした水素貯蔵・熱利用技術と、清水建設のエネルギーマネジメント技術や次世代モビリティー連携技術を融合させ、水素エネルギー利用システムの事業化を目指す。建物や街区の二酸化炭素削減、安全な水素貯蔵による災害時のエネルギー供給など、環境にやさしく災害に強い次世代のまちづくりに貢献する。
おすすめ記事(一部広告含む)