2018年10月5日

英トライランド、新商品・電子化を強化

 三菱商事が100%出資する金属先物専門ブローカー、トライランドメタルズ(本社=英国ロンドン、坂井敏郎会長)は、新商品や電子化への対応で収益強化を図る。主業は非鉄ベースメタルの先物注文取り次ぎだが、英ロンドン金属取引所(LME)に上場する鉄鋼製品やレアメタルでも、価格ヘッジ需要の広がりを見込む。電子化では、モバイル端末受注システムの導入を検討中だ。

おすすめ記事(一部広告含む)