2018年10月17日

鉛蓄電池、自動車用販価が上昇

 自動車用鉛バッテリーの販売価格が上昇している。経済産業省の生産動態統計から算出したバッテリー1個当たりの販売価格は、前月比75円高の5301円と2カ月連続で過去高値を更新。アイドリングストップ(IS)車用など高付加価値品の出荷比率の高まりを反映している上に、昨年からのメーカー値上げも寄与しているとみられる。

おすすめ記事(一部広告含む)