2019年1月10日

中国産マグネ相場、8カ月ぶり安値圏

 中国産マグネシウム相場が、約8カ月ぶりの安値水準に沈んでいる。現地8日時点の日本向け輸出価格は、1カ月前よりトン約200―300ドル安の2550―2600ドルと大きく下落した。昨年12月に稼働率が上昇し、生産数量が増えたためだ。非鉄金属専門商社タックトレーディングの上島隆社長は「環境規制の緩和傾向が始まった影響とみる」と指摘する。

おすすめ記事(一部広告含む)