2019年1月15日

山中産業、高周波誘導炉を更新

 非鉄総合商社の山中産業(本社=大阪市中央区、山中直理社長)はこのほど、三国製錬事業所(大阪市淀川区)において高周波誘導炉を大容量タイプに更新した。亜鉛特殊合金の受注増加に対応するためで、生産能力は約7割増の月40トンに引き上がった。電源装置を省エネルギー仕様に改造し、総投資額は付帯設備を含めて約7000万円。

おすすめ記事(一部広告含む)