2019年1月28日

銅建値2万円上げ71万円、亜鉛1万2000円上げ34万6000円

 JX金属は28日、1月積み銅建値をトン2万円引き上げ71万円に改定したと発表した。海外銅相場反発と円安ドル高進行を受け、先月末以来の70万円台を回復した。月内推定平均は69万2700円。

 三井金属は28日、1月積み亜鉛建値をトン1万2000円引き上げ34万6000円に改定したと発表した。月内推定平均は32万9000円。指標となった現地25日のLME亜鉛現物セツルメントは、世界的な供給不足への懸念が高まっていることから2635・5ドルと年初来高値を更新。前回建値改定時を66・5ドル上回り、後場売値は2668ドルへと切り上げた。28日の東京為替TTSは1ドル=110・35円で、0・34円の円高ドル安だった。

おすすめ記事(一部広告含む)