2019年1月31日

東邦亜鉛、豪州の鉛鉱山に参画

 東邦亜鉛は30日、豪州西オーストラリア州のアブラ鉛鉱山の開発に参画すると発表した。100%出資の資源子会社、豪CBHリソーシズを通じて、同鉱山の権益40%を9000万豪ドル(約70億円)で取得する。残り60%を保有する豪ガレナ・マイニングと事業精査や詳細協議を今後進めて、許認可の取得も経て2019年の着工、21年の生産開始を目指す。開発費1億5400万豪ドルを投じて鉛精鉱を年12万1000トン(鉛分9万1000トン)生産予定。

おすすめ記事(一部広告含む)