2019年2月14日

韓国鉛業界、対米貿易依存高まる

 韓国鉛業界が米国に対する貿易依存度を高めている。同国の貿易統計によると、1月はリサイクル原料の輸入量、自動車用バッテリーの輸出量ともに対米国が過去最多レベル。日本からの原料輸入は途絶えたため、原料と製品の「交換」で築いてきた対米ルートへかじを切り、二次精錬メーカーなどは「脱日本」後の操業維持を図るようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)