2019年2月15日

住友鉱山、設投・投融資4900億円

 住友金属鉱山は14日、2019年4月始まりの新3カ年中期経営計画を対外公表し、3カ年累計の設備投資・投融資計画を4900億円と置いた。前3カ年見込みを約1000億円上回る「過去に例のない」(野崎明社長)規模となる。収益の刈り取りは次期中計以降のため、3カ年のフリーキャッシュフローは1100億円の赤字見込みだが、長期成長への「植えつけ、仕込み」(同)の期間と位置づける。

おすすめ記事(一部広告含む)