2019年6月14日

超硬・特殊鋼工具 国内生産5078億円に

 日本機械工具工業会は2019年度の超硬工具・特殊鋼工具国内生産額見通しを前期比2・1%減の5078億円とまとめた。2015年の同会発足後、初のマイナス見通しとなる。主力の超硬工具は1・9%減の3443億円。米中貿易摩擦の影響などで会員各社の景況感が悪化した。特にアジア向け外需の減速懸念が強い。

おすすめ記事(一部広告含む)