2018年10月15日

超硬・特殊鋼工具、生産額5210億円に上振れ

 日本機械工具工業会はこのほど、会員の超硬工具メーカーと特殊鋼工具メーカーの2018年度国内生産額見通しを5210億3400万円に上方修正した。前年度比で8%増、6月公表の当初見通し比で2・1%増。自動車部品や航空機部品の切削加工用途を中心に、上期生産額が当初見通しから上振れ、下期も好況が続くとみる。

おすすめ記事(一部広告含む)